BLOG

つくば市・牛久市の骨盤矯正整体ならつくばカイロプラクティック整体院「胸部の骨」

つくば市・牛久市で良心的価格・効果の高い整体技術・土日祝も営業

牛久市からも来院者多数

骨盤と後頭骨を整え筋膜リリース・内臓調整・頭蓋骨調整・関節調整

産後骨盤矯正・腰痛・肩こり・首こり・ストレートネック・頭痛他

完全予約制

つくば市・牛久市の整体院

つくばカイロプラクティック整体院

029-874-8406

つくば市高見原1ー7-83

 

 

胸部の骨格の背骨の構造と役割とは何でしょうか。

 

 

内臓を守る胸肋骨

 

胸部には、「胸郭」という、かご状の骨格があります。

胸郭は12個の胸椎と左右12対の肋骨および胸骨からなり、内部には「胸腔」と呼ばれる空間があります。この空間に心臓や肺、気管といった生命維持に関わる重要な臓器が収められています。胸郭はこれらの臓器を守るためだけでなく、肋骨の運動により内臓の働きを助ける役割も担っています。

 

肋骨は、肋硬骨という骨が肋軟骨で胸骨とつながっていて可動域があります。息を吸うときは肋骨が広がり、胸腔の容積を大きくして空気を肺の中に送り込みます。また、息を吐くときは、肋骨が知人で縮んで胸郭が狭まり、胸腔の容積を小さくして、肺から空気を排出させます。肋骨は呼吸と連動して常に動いていますが、もろく骨折を起こしやすい性質を持っています。

 

胸郭の正面中央にある胸骨は、胸骨柄、胸骨体、剣状突起でできています。胸骨柄は胸鎖関節で鎖骨とつながります。胸鎖関節は胴体と上司をつなぐ唯一の関節であるため胸鎖関節を痛めると腕を上げる動作や肩に影響を及ぼします。

 

つくば市・牛久市で良心的価格・効果の高い整体技術・土日祝も営業

牛久市からも来院者多数

骨盤と後頭骨を整え筋膜リリース・内臓調整・頭蓋骨調整・関節調整

産後骨盤矯正・腰痛・肩こり・首こり・ストレートネック・頭痛他

完全予約制

つくば市・牛久市の整体院

つくばカイロプラクティック整体院

029-874-8406

つくば市高見原1ー7-83