BLOG

牛久市つくば市の産後骨盤矯正・産後に起きやすい腱鞘炎

牛久市からも近いつくば市の整体院

 つくばカイロプラクティック整体院

029-874-8406

つくば市高見原1-7-83

院長 笠島 康宏 です。

 

 

 

本日は、産後のママさんに起きやすい親指や手首の痛みについてです。

 

産後の腱鞘炎・手根管症候群

産後の方で多くの方が【腱鞘炎】【手根管症候群】という手首や親指の痛みを経験していることと思います。

痛みがあっても赤ちゃんの抱っこはしなければならず、大変だと思います。

今回はそんな痛みの原因や対処法をまとめてみました。

これから出産される方もぜひ知っておいてください。

 

原因と経過

一般的に腱鞘炎や手根管症候群は手首の使い過ぎや手首に負荷がかかった状態で長期間いたりするとなりやすいのですが、産後の方は赤ちゃんの抱っこ、更にホルモンバランスの変化などもあり起こりやすいのです。

 

首の座らない赤ちゃんの抱っこは手首の角度や力加減が難しいため、産後1週間で痛める方もいるほどです。多いのは1か月から3か月でしょう。

程度も激痛になる方も多いです。そのため赤ちゃんの抱っこが少なくなってしまうでしょう。

 

対処

手首の曲がりや抱っこの仕方を変えると4か月から6か月後には良くなっていくと思われます。放置してしまうと1年以上痛みに耐えねばならなくなったりしますので気を付けましょう。

 

手首を大きく曲げた状態で赤ちゃんを抱っこしたり荷物を運んだりすると、手首にある屈筋支帯という筋線維が炎症を起こし手首を通る橈骨・尺骨・動脈・静脈・神経がつぶされ機能異常を起こします。

なるべく腕の伸筋群である手の甲側の筋肉をほぐしてみてください。更に痛むところは冷やしてみてくださいね。

 

またサポータ-などで手首の保護は、サポーターをしたから治るわけではありませんが,症状の悪化を防ぐために、必ずするようにしてください。

 

 

牛久市からも近いつくば市の整体院

 つくばカイロプラクティック整体院

029-874-8406

つくば市高見原1-7-83