BLOG

産後整体をお探しなら牛久市のつくばカイロプラクティック整体院/筋膜の構造

牛久市で良心的価格・効果の高い整体技術・土日祝も営業

牛久市からも来院者多数

骨盤と後頭骨を整え筋膜リリース・内臓調整・頭蓋骨調整・関節調整

産後骨盤矯正・腰痛・肩こり・首こり・ストレートネック・頭痛他

完全予約制

牛久市の整体院

つくばカイロプラクティック整体院

029-874-8406

つくば市高見原1ー7-83

院長・笠島 康宏です。

 

筋膜の構造

 

筋膜は、主に浅筋膜、深筋膜、筋外膜、筋筋膜、筋内膜の5つに分けられます。

 

 

皮下組織にある浅筋膜は繊維の少ない疎性結合組織で構成され、脂肪層の中にあるため、滑らかに動くことができます。ここには毛細血管、リンパ管、神経もあり、その滑らかさがむくみを防いでいます。

 

浅筋膜の下にある深筋膜は深部にある筋膜の総称で筋肉と皮下脂肪の間に存在します。深筋膜は丈夫な構造をしていますが、一度捩れが生じると正常な状態に戻りにくく、離れた場所に影響を及ぼすこともあります。

 

深筋膜の下には、筋外膜によって束ねられた筋周膜と筋内膜があります。筋肉の表面にあるのが筋外膜です。筋外膜が筋肉に入り込んで筋の束を包んでいるのを筋周膜といい、筋周膜が筋の束の中に入り込んで筋線維1本1本を包んでいるのを筋内膜と言います。

 

ヒアルロン酸は皮膚や関節などに多く含まれ潤滑作用の働きをする成分で大概の方は聞いたことがあると思います。

深筋膜にはこのヒアルロン酸を生成する働きがあります。

 

筋膜はタンパク質の繊維でできている

 

筋膜は丈夫なコラーゲン繊維と、伸縮性に優れたエラスチン繊維という2種類のタンパク質の繊維からできています。

この2種類の繊維が編み上げられ、網目状のガーゼのような構造をしています。

 

 

両者の隙間は、粘性のある水溶液=細胞間基質で満たされ、コラーゲン繊維とエラスチン繊維は体の動きに合わせて柔軟に伸縮します。

 

ただし、緊張状態が続いたり、圧迫されたり、または、動かさない、使わない日が多いと細胞間基質の水分が失われ、コラーゲン繊維とエラスチン繊維にまとわりついて捩れたり筋膜同士が癒着してしこりを作ります。

 

このしこりがこりや痛みの元となるトリガーポイントです。

 

 

 

牛久市で良心的価格・効果の高い整体技術・土日祝も営業

牛久市からも来院者多数

骨盤と後頭骨を整え筋膜リリース・内臓調整・頭蓋骨調整・関節調整

産後骨盤矯正・腰痛・肩こり・首こり・ストレートネック・頭痛他

完全予約制

牛久市の整体院

つくばカイロプラクティック整体院

029-874-8406

つくば市高見原1ー7-83