BLOG

肩こりの原因No1僧帽筋/つくば市牛久市の整体・つくばカイロプラクティック整体院

つくば市・牛久市の整体 

つくばカイロプラクティック整体院 

029-874-8406

つくば市高見原1-7-83

院長 笠島 康宏 です。

 

 

肩こりの原因で肩甲挙筋も良く聞きますが、それ以上に名前の出る筋肉が僧帽筋だと思います。

主に上背部に位置し、肩の動きに大きく関与しています。

背中の約半分を覆い後頭部まで伸びています。

後頭骨、鎖骨、脊椎、肩甲骨と首から肩にかけての大きな骨に付着している。重い肩を支え、腕をあげるときには短縮して肩甲骨を動かします。肩だけでなく肩甲骨も支えています。

 

スマホやパソコンをしている時、頭と首を支えて前に出ている首と頭に引っ張られるため、いつも大きな負担がかかっています。

精神的ストレスがかかった時も人間は肩をすくめます。この時も僧帽筋には大きな負担がかかっています。

猫背の姿勢や胸の大きな女性は、胸筋が引っ張られているため僧帽筋が酷使されてしまう。産後の女性は胸が母乳によって大きくなるので肩こりの原因となりやすいです。

僧帽筋の上部のコリは、こめかみが痛む頭痛の原因にもなり、顎下、耳の後ろ、目の奥なども痛みます。筋緊張性頭痛といわれる症状です。

首から肩にかけてのコリは首から後頭骨の境付近に痛みを出します。

そして後頭骨の下の痛みは脳に直結し、疲労感を感じさせてしまいます。僧帽筋上部にも痛みを送るのでこれも頭痛の原因になります。

僧帽筋下部のコリは、そのまま中背部の激しい痛みを誘発したり、肩甲骨を浮き上がらせる症状を作ります。

肩甲骨の内側のコリは、上腕後面の痛みを引き起こします。上腕後面はリンパの流れが滞りやすい場所でもあります。

 

僧帽筋は常に使われていて、緊張状態がなかなか抜けない筋肉ですから、ここにコリを感じる方は、僧帽筋の為に休息や入浴を意識的に行いましょう。

 

つくば市・牛久市の整体 

つくばカイロプラクティック整体院 

029-874-8406

つくば市高見原1-7-83