BLOG

“肩甲骨はがし”って何? ひたち野うしく【肩こり整体・産後整体】つくばカイロプラクティック整体院

肩甲骨

ひたち野うしく

【肩こり整体・産後整体】

つくばカイロプラクティック整体院

つくば市高見原1-7-83

029-874-8406

 

《肩甲骨はがし》

習慣化にすることで、肩の凝りが楽になる

 

Vol.1肩こりを楽にする簡単メソッド!今話題の“肩甲骨はがし”って?在宅勤務で外出できずに家の中にいる時間が増えたり、もともとの運動嫌いで、今まで肩こりをあまり感じなかった人でもだんだん肩こりを感じ始め、ようやく奥さんの気持ちがわかり始めてきた人も多いのではないでしょうか?私も肩こりを感じないほうでしたが最近肩のこりを感じ始めて患者様の気持ちがわかるようになりました(笑)

肩こりがあると無意識に肩や首を回したり肩甲骨を寄せてみたりやってしまいますね。そんな解消法として“肩甲骨はがし”が注目を集めています。

「聞いたことはあるけれど・・・どんなことをすればいいの?」「やってみたいけどやり方知らないから・・・?」そんな風に思ってついつい後回し・・・なんて方多いと思います。一番よくないパターンです(笑)そこで今回は、“肩甲骨はがし”のメカニズムについて書いていきたいと思います。

 

“肩甲骨はがし”って何? そのメカニズムは?

私たちの体内は、皮膚や筋肉、臓器、骨、血管などを包みこむ繊維状の組織「筋膜(ファシア)」が張り巡らされています。

よくミカンの皮と実の間にある白い筋に例えられます。
例えば、膝を曲げるとき、皮膚や筋肉、神経がくっついていれば、それらがぶつかり合って痛みが発生します。ところが、筋膜(ファシア)が間にあると組織間にゆとりができ、ひざをスムーズに動かすことができるわけです。

そのように大切な役目を持つ筋膜(ファシア)ですが、運動不足や長時間同じ姿勢で圧迫され続けると、周囲の骨や筋肉・内臓と癒着したり、浮腫を引き起こしたりして、固まってしまうのです。そんな状態が続くと、関節や体を動かしづらくなり、姿勢が崩れ肩こり、首こり・腰痛といった様々な不調を起こすようになります。

そこで“肩甲骨はがし”を行うと、固まった肩甲骨周りの筋肉や筋膜(ファシア)をほぐして、体が動かしやすくなり肩こりや首凝りは当たり前、腰痛や下肢の痛みや上肢の痛みまで和らいでくるのです。肩甲骨をはがすことで、もみほぐしやマッサージではほぐれることのない深層部の筋、肩甲骨の動きに大きな役割を持つ僧帽筋、菱形筋、肩甲挙筋などに働きかけることができるのです。

 

“肩甲骨はがし”が肩こり・首こりに効果的な理由とは?

 

肩こりの原因で一番大きいものは、首に負担がかかり続ける疲労の蓄積です。頭の重さはは、体の10%で、体重70kgの人なら7kgの重さがあります。常に7kgの重さを支えているわけですから、首、とりわけ筋肉量の少ない女性の首にはそれは大きな負荷がかかっているわけです。さらに、頭が前かがみになるような悪い姿勢であれば、首に加わる負荷も倍以上になります。デスクワークや下を向いて作業している研究員さん・歯科助手さんなどは、首の筋肉はさらに緊張して硬くなり、血行不良をおこし痛み、こりなどのトリガーポイントを発生させます。この首を支え、土台となるのが肩甲骨です。“肩甲骨はがし”を行うことで、首周辺の硬くなった筋肉をほぐし、血流を上げ、不調の改善が期待できます。

 

またストレスも肩こりの大きな原因となります。。ストレスを感じ緊張状態になると筋膜(ファシア)も硬くなり、血流の悪化を招きます。自律神経にも影響し、様々な原因不明の体調不良が起こります。このような時も、“肩甲骨はがし”は効果的です。緊張状態になった筋肉・筋膜(ファシア)をやわらげ、首・背骨に通っている自律神経を安定させ、頭・心をスッキリさせます。
人間は意識して動かさなければ丸まる姿勢になってしまうので“肩甲骨はがし”のような動きを意識的に行い筋肉・筋膜(ファシア)を動かすようにしましょう。

 

ひたち野うしく

【肩こり整体・産後整体】

つくばカイロプラクティック整体院

つくば市高見原1-7-83

029-874-8406