BLOG

ひたち野うしくで人気の整体院・つくばカイロプラクティック整体院・肩関節

肩こりも放っておくと肩関節が固まって五十肩・四十肩のように肩が挙がらなくなって、洋服や下着を着替えるのに苦労したり、洗濯物を干せない、ドアの開け閉めの際痛む、など日常の生活が不便になります。

 

そんな痛みが続いた場合もみほぐし店で筋肉を揉んだくらいでは良くなりません。

 

こうなった時は肩関節を和らげなければ五十肩・四十肩は良くなりません。

 

では肩関節というのは、どのような構造なのでしょうか。

 

肩関節

 

鎖骨を支点として、肩甲上腕関節、肩鎖関節、胸鎖関節が連動して動き自由に大きく動かすことができます。その反面、不安定で全身の関節の中でもっとも脱臼しやすくなっています。特に肩甲上腕関節は関節包の大きさに対して関節窩が小さく浅いため、脱臼が多く発生します。肩関節は、安易に脱臼しないよう靭帯と腱によって支えられています。肩甲上腕関節は、関節包の一部が厚くなり関節上腕靭帯となって支えています。スポーツや事故などで肩を強く打ったりすると、靭帯が損傷して関節を支えられず、脱臼しやすくなるのです。そのほかにも肩関節は肩鎖関節の肩鎖靭帯、烏口突起と鎖骨の間の烏口鎖骨靭帯があります。

 

ひたち野うしくの首、肩こり、腰痛整体院

 つくばカイロプラクティック整体院

029-874-8406 

茨城県つくば市高見原1-7-83 

にぜひお越しください。