BLOG

自律神経整体でおすすめなつくば市のつくばカイロプラクティック整体院/自律神経

体の機能を調節する2つの神経

 

自律神経は、、自分の意思とは関係なく、内臓の活動や代謝を調節し、身体の環境を整える働きを担っています。

 

例えば、心臓の鼓動や消化器官の働きは、自分の意志で遅くしたり早くしたりすることはできません。

自律神経が司るのは、このような生命維持活動に最も重要な機能です。自律神経が働いているから、体温や血圧などが無意識にコントロールされ、内臓が適切に動いているのです。

自律神経には、相反する働きを持つ交感神経と副交感神経があります。交感神経は、身体を活発にする作用があります。脊髄の両側から出て、皮膚や血管、心臓、食道、胃、長、肝臓、腎臓、膀胱、生殖器など、全身の効果器につながっています。緊張や興奮した時の状態のときは、アドレナリンやノルアドレナリンというホルモンを分泌し、心臓の鼓動を早くしたりします。私たちが、試合や発表会の前に緊張したりするのは、ストレスによって交感神経が刺激されるからです。

 

一方、副交感神経は、脳と脊髄から出ていて、身体を安静にする作用があります。平常又はリラックスした状態のときは、副交感神経が働きアセチルコリンという神経伝達物質が分泌され、心拍数を減少させたり、血圧を低下させたりします。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスを保つことが重要なのです。

 

 

自律神経失調症とは

 

交感神経が常に優位な状態が続くなどして、交感神経と副交感神経のバランスが乱れた状態を、自律神経失調症と言います。自律神経失調症になると、動機、めまい、頭痛、耳鳴り、倦怠感、不眠、下痢、便秘、冷え、ほてりなどの様々な身体的症状や、イライラ、不安感、落ち込みなどの精神的症状が出現します。

 

一般的に、過度なストレスや環境の変化、女性ホルモンの影響などが原因と言われていますが、原因や症状の出方も人それぞれ異なります。自律神経失調症は、病院で検査しても異常が見つからないことも多いのです。

 

 

 

つくば市の自律神経整体院

 つくばカイロプラクティック整体院

029-874-8406 

茨城県つくば市高見原1-7-83 

にぜひお越しください。