BLOG

五十肩四十肩の原因や違い・つくばみらい市の整体院なら当院へ

五十肩

五十肩・四十肩の症状

 

肩が挙がらない、肩が痛い、ドアを開けるだけでも痛い、洗濯物を干すのが大変、下着がつけずらい、髪をまとめられない・洗えない、エプロンがつけられない、電車でつり革をつかめない、夜寝ているときも痛くて眠れない、腕まで痺れるなどなど、五十肩や四十肩になると日常生活に支障が出てきてしまいます。

痛みの原因

 

五十肩・四十肩は正式には「肩関節周囲炎」といいます。肩の腱板という組織が炎症を起こし関節包に広がって炎症を起こすことで痛みが出ます。

 

五十肩・四十肩の違い

 

五十代で発症することが多いので「五十肩」、四十代の人なら「四十肩」と年齢による名称の違いだと一般的に言われています。これからの時代は30代の「三十肩」、20代の「二十肩」も一般的になるのかもしれませんね。他には上がる腕の角度の違いという人もいます。

中身は同じで「肩関節周囲炎」です。

 

初期・急性期・慢性期・回復期

 

初期

最初に感じる違和感や我慢できる程度の痛みの時期です。

「なんか、おかしいな、でもほっとけば治るでしょう」と

思っているような時期です。でもこの考えが危険で放っておくとどんどん悪化してしまう場合があり、悪化すると大変なことになります。

 

急性期

 

この時期こそが五十肩で一般的に恐れられるイメージの状態です。何をしても痛み、寝てもいられないほどの痛みを感じる人もいます。

正直、この時期は痛み止めの注射でさえ効果がない人も多いです。

 

慢性期

 

急性期の痛みの期間は人によって差がありますが、自然と収まる、と言われています。その後慢性期に入り動かしずらい、ゴリゴリ音がするといった時期が来ます

 

回復期

 

慢性期よりさらに改善傾向に入って違和感や痛みはなくなってきます。

一応はそのように言われていますが、急性期になってしまったような方だと完全回復には相当の期間が必要ですので、この時期は積極的に整体を受けてみましょう。

 

大事なのは本来初期の段階でサポーターやエクササイズ、ストレッチ、マッサージ整体、市販薬などで対処しておくことが重要です。

 

 

 

つくばカイロプラクティック整体院

029-874-8406 

茨城県つくば市高見原1-7-83 

院長 笠島 康宏